消臭靴下は時代にマッチした奥ゆかしさの象徴

消臭靴下は時代にマッチした奥ゆかしさの象徴だと感じている私の雑感です。
近年、香りをつけるということがブームでした。やれアロマだの、香水だので、男の人も女の人もこぞってさまざまな香りを身につけようとしています。しかし、本当のエチケットは消臭靴下や消臭ソックスなど、無臭を求めるところにあるのではないかと最近思うのです。

考えてみてください。臭い足にどんな香水を塗っても、それは悪臭にしかなりません。なぜなら、それは臭い足というものがベースにあるからです。臭いものにいくら良い香りを塗りたくっても無駄です。

その一方で、消臭という発想は素晴らしいです。どんな良い香りも、まずは自分の臭い体臭を消臭するところからスタートするのがエチケットだといえます。自分の足の臭いに気がつき、他人に害をもたらさないように、きちんと消臭靴下や消臭ソックスを身につける。

そういう、日本男児や大和撫子の奥ゆかしさがあってこそ、アロマや香水の香りだって生きてくると言えるでしょう。これからの時代は消臭だと思います。
消臭靴下 足の臭い